top of page

4月28日~29日、総勢32名の長野4組7ヵ寺の門徒、住職・寺族による宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要参拝並びに研修旅行は、お陰さまで深い感銘、感慨、感謝のうちに無事完了致しましたこと、全ご門徒皆様へ感謝の念とともに報告いたします。

旅行にご同行の皆様、長電観光の皆様にも大変お世話になりました。有難うございます。

なお、行善寺のご門徒の皆様には、本山からの記念の品(ボールペン)を後日、配布させていただく予定です。

-----1枚目の写真は本山(東本願寺)境内での集合写真-----


旅行の帰路、福井県坂井市の丸岡城に立ち寄り、隣接する「一筆啓上日本一短い手紙の館」を見学しました。そこには、全国から寄せられた様々な短いながら心に響く手紙が展示されていました。慶讃法要で「ありのままの私が光に照らされている」と感じさせていただいた後だけに、素直に自らを省みつつ読むことができました。楽しく、そして感謝の旅行でした。ありがとうございます。合掌

-----2枚目の写真は、短い手紙の中のひとつです。-----



Comments


bottom of page